血液サラサラになる食材を積極的に取り入れることが大切

血液は全身の健康を左右

微笑む男性

動脈硬化を防ぐ効果

血液サラサラであるほど良いといわれます。血液がドロドロの状態は血液中の糖質や脂質が増加している場合や血液の成分が変形してうまく流れなくなった場合、そして傷ついた血管の修復のために血小板が集まって流れが停滞する場合などがあります。血液がドロドロの状態になっていると動脈硬化の要因となります。血液サラサラにする方法はいくつかありますが、一番効果的なのは日常生活での食事方法です。血液サラサラ成分にする食品を積極的に摂取することで改善させることができます。ナットウキナーゼは血栓を溶かす効果があります。納豆を食べることで摂取できます。クエン酸は、酢や梅干しなどに含まれます。疲労回復にも役立ちますが、血小板が必要以上に集まることを防止してくれます。

栄養素はバランスを保つ

DHAは青魚などに多く含まれています。血管の弾力性を高め、壊れにくくする効果とともに赤血球の柔軟性を向上する効果も持っています。ポリフェノールはブドウやワイン、緑茶などに含まれる栄養素になりますが、コレステロールの酸化を防止する働きを持っています。コレステロールは動脈硬化の要因となりえます。このコレステロールを防止するため、血液サラサラの状態を保つことができるのです。これらの成分は重要ですが人間はたんぱく質などを摂取する必要があります。動物性の脂肪は食べ過ぎないことや毎日続けて食べないなどの工夫をする必要があるのです。多くの食品をバランスよく摂取することで血液サラサラの状態を維持できるのです。